【石鹸オナニー注意】ペニスをゴシゴシ洗うと皮が切れて痛い!それ、性病かも?

ジンです。

 

先日、お風呂にに入っていた時の話です。

 

(えっ…なんかペニスの皮が痛いんだけど…)

 

お風呂に入っていて、ペニスを清潔にしようとして
石鹸でペニスをゴシゴシと入念に洗った経験はありませんか?

 

僕はあります。

まぁ石鹸で滑りが良くなってシコシコしやすいので、
そのままオナニーしたことも何度もあります(笑)

 

俗に言う、石鹸オナニーですね。
※本当にそう言われているかどうかは分かりませんが(^^;)

 

ちょっと気になって調べてみたんですが、
この石鹸オナニーって実はかなり危険でした。

 

なぜ石鹸オナニーは危険なのか?

体を洗う時にペニスもしっかりと洗うわけですけど、
ついついそのままの流れでついシコシコとし始めることはありますよね。

あのヌルヌル感がたまりません^^。

 

「一緒に洗い流せるんだし、何が悪いの?」

 

あなたもこう思っているかもしれませんね。

 

石鹸やボディーソープっていうのはそもそも、身体の表面についている
垢を浮かび上がらせるための薬剤である界面活性剤が含まれています。

石鹸やボディソープの泡立ちっていうのは、この界面活性剤です。

 

ペニスが覆われている皮膚や包皮は薄く、他の部分よりも

界面活性剤が入った石鹸でペニスをシコシコしごいていると、
ペニスが痛くなってしまったり、亀頭包皮炎になる危険性があります。

 

もしかすると、すでにあなたも経験済みかもしれませんね。

 

ペニスの洗い過ぎはカンジダ性亀頭包皮炎が発生しやすくなる!

また、ペニスを石鹸でゴシゴシと洗いすぎると、
カンジダ性亀頭包皮炎の発症率が上がりやすくなります。

 

カンジダというのは、カンジダ菌というカビの一種なんですが、
カビ菌を殺してくれるバイ菌も存在しています。

石鹸で洗いすぎると、カンジダ菌を抑制しているバイキンの勢力が崩れ、
症状が悪化していくのです。

 

不衛生も悪いのですが、きれいすぎるペニスも問題なんですね。

 

ちなみに以下の症状はカンジダの症状です。

  • ペニスがヒリヒリして痛くてオナニーできない
  • チンカス(白いカス)がポロポロと出てくるようになった
  • 水ぶくれ
  • ペニス表面が乾燥してカサカサする
  • 排尿時に痛みが出る
  • 亀頭の付け根が赤く腫れる

 

また、他にも亀頭包皮炎は性行為、下着との擦れなどで小さな傷ができると
そこから発生しやすくなります。

チンコの皮を剥いておくのは風通しも良くなって衛生的ですし、
適度な刺激がセックス時の早漏予防にも繋がります。

 

 

まとめ:常日頃から気をつけたいペニスの扱い方

ペニスに関して普段から気をつけておくべき
ポイントは以下の通りです。

  • チンコの皮は普段から剥いておく
  • お風呂では皮を剥いて洗う
  • 石鹸で軽めに洗う(ゴシゴシしない)
  • 石鹸オナニーは厳禁
  • 特に亀頭部分は石鹸はきれいに洗い流す
  • ついでに金玉のシワもきれいにあらう

 

 

それではまた

ジン

 

 

 

 

オナ禁で女性を引き寄せる強いオスへ進化する方法

なぜ、射精しなければ眠れなかった引きこもりのオナニー中毒者が、女性が求める真のオスに生まれ変われたのか?

それはオナニーの真実を知り、正しく『断射』を行うことで性エネルギーを上手に活用することができたからです。


9割もの男性が何も知らずに本能の赴くままに行なっているこの行為は、ほんの一瞬の快楽と引き換えに自らの命を削り続けていることに気づいていません。

もしあなたがオナニーの支配から抜け出し、性欲に振り回されずにコントロールしたいなら『モテる禁欲術』を今すぐ無料で読んでください。

力強くエネルギッシュな男として”モテる”充実した人生を歩んでいくことができるでしょう。

>『モテる禁欲術』はこちら
 

ABOUTこの記事をかいた人

オナ禁を通じて人生の質(QOL)を高めるための情報をネットで発信中です。テーマとしては女性関係、健康、自信…などなど。メルマガやLINEでは「男としての成功率」を高めるための深い話や、ブログでは言えない内容もお伝えしています。ジンの詳細はこちら