「つい、オナニーをしてしまうんです。」

こんな悩みを持つ人は多いです。

 

実際に僕のブログにもよく問い合わせが来るのですが、
これは中高生からの相談が多いですね。

 

つい●●してしまうというのは、誰にでもあることです。

  • ついゲームしてしまう…
  • つい昼寝してしまう…
  • つい食べすぎてしまう…
  • 二度寝してしまう…

 

しかも、それが「気持ちいい」行為であれば、
なかなかやめられないものですし、ついつい流されてやってしまうのです。

 

というのも、「生物は快楽を求めて苦痛を避ける」傾向にあるからです。

よくテレビ出演されている脳科学者の中野信子さんも
脳はなんで気持ちいいことをやめられないの?」っていう出版しています。

 

楽しいこと、気持ちいいこと、嬉しい事は誰だって求めるものですし、
苦手なことやストレス、苦しいことと分かっていても、
やり続けられるものではありません。

これはもう、そういう脳の仕組みですので仕方のないことなんです。

 

オナニーも直接的な快楽を得られる気持ちの良い行為なので、
止められなくなるほどしてしまう場合もあります。

 

 

僕らはいつからシコシコし始めるのか?

オナニーをやり始めるのは中学生になってからの場合が多いです。

 

僕自身のことを恥ずかしながらお伝えすれば、
小学生の頃から思えばやっていました。

 

中学生男子であれば、成長期で男性ホルモンも盛んに分泌されているので、
毎日オナニーしているという人も珍しくありません。

皆人知れずやってるはずです。

 

これは、私個人の話ですが、尿検査の日の前日にオナニーをして
翌朝の尿の中に精子が入っていて再検査になりました。

(「陽性」と言われただけで、気づきませんでした)

 

後日、地元の病院で親と同伴で再検査を受けてみたら
また精子が見つかって親にもバレてしまい、
かなり恥ずかしい思いをしたことがあります(汗)

まぁそのくらい言わなくても分かるだろ?って言われる簡単なことではありますが、
尿検査の前日、当日はオナニーしないようにしましょう!

 

医者はハッキリ言うので、バレたらかなり恥ずかしいです。(笑)

 

 

基本的にはオナニーしてしまうのは決して恥ずかしいことではありません。
(みんな人知れずコソコソとやっているものです)

 

ただ、やり過ぎると、やる気が無くなったり、
体力の低下はもちろん、集中できなくなるので、
やり過ぎないようにしましょう。

何事もやり過ぎは良くないです。

 

それでは