セックス直前の拒否パターンとその対策

本題に入る前に…

僕が推奨する最強のライフハック術「オナ禁」を1冊の電子書籍にまとめました。

・オナ禁が続かない3つの根本原因
・射精する度に失う”快楽”に隠された真実
・「オナ禁でモテる」ための必須条件とは?
・継続率がUPする7つのオナ禁成功法

…などを解説してます

>今すぐ無料で読む

こちらのコンテンツは「性欲リミットブレイカー」を購入いただいた方の特典になります。

詳しくはこちら

ボディタッチを始め、キス、ペッティング…とイチャイチャし始め、いざエッチしようとしますよね。

すると、女性はグダグダと言い訳しはじめ、彼女たちはエッチは断ろうとしてきます。こちらが誘おうとすると、もっともらしい言い訳をし、渋りだすことを”グダリ”と言います。

具体的に言うと以下のような言葉で、なんとかエッチまでは持ち込ませないようにしてきます。

「私そんなに軽くないから」
「まだ知り合ってばかりだし」
「私、実は彼氏いるんだよね」

ひょっとしたら似たようなあなたも経験があるかもしれませんね。こういった状況からいかにしてエッチに持ち込むか?というのが、今回で解説するコンテンツです。

女性は「え〜」「でも〜」などの優柔不断な気持ちを表してきますが、彼女たちの心の中では、すでにパッカリと股を開いて、膣内がグッチョリと濡れています(笑)

 

それでもなぜ否定してくるかというと、自分を正当化したいからに他なりません。

「○○くんが強引だったから」

など、”そうなっても仕方がなかった”状況だったということを自分に言い訳させれば、自然に流されていきます。

OKでしょうか?

 

『あの時は、○○だったから仕方なかった…』こう思わせればいいんです。

少なくとも女性の方が【自分がエッチしたかったから】という風に思われたくない心理か?働いています。

本当はしたいのですが、女性はそう思われたくないのです(正直、めんどくさいですよね…^^;)

 

まぁ、女性がエッチを拒否するパターンって大体決まっているので、その返し方を解説するのがこのコンテンツです。

知らないと焦ってしまうし、(もしかして、童貞なのかな?…)と思われてしまうかもしれません。慣れてくるとホント”お決まりのやり取り”になりますが、知っているのと知らないのとでは、けっこう大きな差になります。

そういったパターン化された女性の反応を事前に理解しておけば、恐怖はなくなります。

こちらは石井哲平氏の「性欲リミットブレイカー」の購入者特典になります。

詳細と入手方法はこちら↓

【性欲リミットブレイカー特典】ボディタッチマスタリーのコンテンツ紹介

 

無料プレゼント:自信と魅力がブチ上がるオナ禁の極意

自分に自信が持てず、女性とのコミュニケーションが苦手で悩んでいませんか?

湧き出る男の自信を手に入れ、女性を魅了する関係構築術が分かる、「モテる禁欲術」お伝えします。

無料で手に入れることができますが期間限定公開になりますので、今すぐチェックしてください

>詳しくはこちら  

ブログ講座一覧

気になるオナ禁に関する情報や実体験、その他コラムや気になる女性に対するモテ効果や恋愛コンテンツなどもまとめています。まとめているオナ禁講座の一覧ページは以下リンクよりどうぞ。

>ブログ講座一覧

無料プレゼント「モテる禁欲術」

おそらくあなたは
「オナ禁でなぜモテるようになるのか?」
「オナ禁しているのにモテないのはなぜなのか?」

そんな疑問をお持ちかもしれません。

そこで、僕自身が「オナ禁」を通じて、メンタル・肉体ともにギンギンに活動できるようになり、複数の女性たちから求められるようになった秘密をまとめたレポート、「モテる禁欲術」をプレゼントします。

これを読めば、都市伝説的でふわふわしたオナ禁モテ神話ではなく、現実的に女性から求められる謎が解明できるはずです。

僕のブログを読んでくれている方に、無料プレゼント致します。今すぐ以下のリンクをタップして読んでみて下さい

モテる禁欲術

>今すぐ無料で読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

オナ禁でモテるための「正しい」方法を絶賛発信中。

  • 『普段何気なくやっていることがこんなにも失うものが大きいのかと、改めて実感しました。』
  • 『長年の謎がいっぺんに解決した感じです。』
  • 『オナ禁でモテる理由が腑に落ちました』

そんな嬉しい声を多数頂いているモテる禁欲術を期間限定で無料プレゼント中。

>詳しくはこちら
※ブログでは言えない限定情報もこちらから↑