こんにちは、オナ禁至上主義者のジンです

 

僕は気持ち良いセックスをするためにオナ禁をしてます。溜めに溜めた精子を思い切り解放させるのってホント最高です。まぁそれが本来のペニスの使い方だと思っているので、オナニーなんかで浪費させたらもったいないです笑

 

で、今回セックスしてきた女性はツイッターで出会った女性です。

 

そうです。

僕のセフレ量産講座でご存知の方はすでにおわかりだと思いますが、例の『ツイッターを使ったセフレ量産ノウハウ』の活動報告が今回の記事になります。

 

このツイッターセフレ量産ノウハウのポイントは以下の通りです。

  • 女性からセックス目的で逆ナンされる
  • 完全無料SNSのツイッターを使うのでお金がかからない
  • 風俗や割り切りではなく、お金は不要
  • セフレ関係として同じ女性と複数回セックスできる
  • デートや食事、コミュニケーション不要
  • セックス前提で会うためホテルに誘う勇気も不要
  • 田舎の地方在住でもセフレが作れる
  • 若くても、中高年でも可能

 

知らない方は「実際そんなに都合よくいくのか?」っていう疑問もあると思います。(参加している方はすでにその効果は体感してますよね?)

ということで、実際僕がやりとりしているツイッター内のDM(ダイレクトメッセージ)のやりとりをネタバレしない程度にご紹介します。(全部となると結構長いので、一部省略し、ポイントとなる所のみをピックアップしています)

 

女性から送られてきたDM1通目

 

 

解説

女性からDMがきて、抱かれること(エッチ)に悩みを持っているとの相談メールでした。

僕のメッセージは、具体的な内容はネタバレになるので割愛しますが、女性からお願いしたくなるようなメッセージを送っています。

 

ツイートを読むとムラムラしてくるようです

 

 

解説

セフレ捕獲用のツイッターアカウントでつぶいている内容は、女性をムラムラさせるようなツイート(欲情ツイート)をひたすらつぶやいています。

DMをやり取りしている子は直接こんな風に興奮具合を教えてくれるので分かりますが、DMをまだくれていない女性は潜在的にまだまだいます。それが臨界点に達すると、いてもたってもいられず、逆ナンDMを送ってセックスをおねだりしてくるようです。

 

写メを要求してお顔を拝見しました

※写真は2枚送ってもらってます。

1枚目↓

 

2枚目↓

 

解説

写真は2枚送ってもらいました。最初に送ってもらったものがぼやけていたので、ハッキリと写っているものを再度送ってもらいました。

1枚目はリクルートスーツを着ていたので就活?か何かなのかなと。2枚目はプライベートで友だちと遊んでいる様子で、まぁ今どきの子って感じです。

 

当日:待ち合わせ

解説

当日は実際に会うために、服装を具体的に教えてもらいます。確認のためですし、ドタキャン予防のためにも、こうした事前連絡は必要です。

 

到着後、ホテルへ入店後にエッチ

 

解説

実際に会った後は、ホテルに直行します。お茶したり、ご飯をおごったり、ムダな時間とお金はかけず、そそくさとエッチしに行きます。

1時に会って、約2時間ほどのプレイを楽しんでバイバイしてきました。終わった後、ツイッターで感謝のメールがくればリピートにも繋がります。

 

まとめ

DMをもらったのは8月でしたが、お互いの都合がなかなか合わずに10月になりました(^^;)

DMをもらってから会うまではあまり時間をかけない方がいいのですが、なんとかエッチまでたどり着きました。

ツイッターで女性とエッチするコツは、女性の方から「私とお愛してくれませんか?」とお願いされることです。それができれば、後はスケジュールを決めて会うだけ。

 

簡単ですよ。

 

ぜひあなたも女性からセックスをお願いされて、セフレができてしまう醍醐味を知ってください。

このノウハウを知りたい方は以下の無料メール講座に登録してみてください

>セフレ量産講座はこちら

 

 

それではまた

 

ジン

オナ禁で女性を引き寄せる強いオスへ進化する方法

なぜ、射精しなければ眠れなかった引きこもりのオナニー中毒者が、女性が求める真のオスに生まれ変われたのか?

それはオナニーの真実を知り、正しく『断射』を行うことで性エネルギーを上手に活用することができたからです。


9割もの男性が何も知らずに本能の赴くままに行なっているこの行為は、ほんの一瞬の快楽と引き換えに自らの命を削り続けていることに気づいていません。

もしあなたがオナニーの支配から抜け出し、性欲に振り回されずにコントロールしたいなら『モテる禁欲術』を今すぐ無料で読んでください。

力強くエネルギッシュな男として”モテる”充実した人生を歩んでいくことができるでしょう。

>『モテる禁欲術』はこちら