ジンです。

 

前回の続きです。

前回の内容はこちら「どうすれば彼女ができますか?」

 

 

女性と普通に会話ができるようになれたが、
そこから”男女の関係”になれない…

ということで、今日はここから。

 

狙った女性を彼女にしたいなら女友達ではなく、
あなたのことを男として意識させる必要があります。

OKでしょうか?

ここが足りていないと、
いくらデートに誘っても無駄ですし、
告白してもほぼ95%振られます。

(100%と言い切ってもいいですが)

あなたを恋愛対象として意識のさせるには?

恋愛対象として意識させるためには
ポイントを抑えた会話が必要になってきます。

そのポイントというのは感情です。

 

説明するまでもないかもしれませんが
感情とは喜怒哀楽(きどあいらく)のこと。

笑ったり、怒ったり、
悲しんだり、ストレスを感じたり…

女性の感情をつき動かさないと
何の印象も与えられず、相手の心には引っかからず、
彼女にとってあなたは存在価値がなくなります。

 

会話は単なる情報のやり取りではありません。

 

仕事ならそれでいいかもしれませんが、
男女関係においては、

  • ドキドキさせたり
  • 寂しいと感じたり
  • 笑わせたり
  • ムカッとさせたり
  • 楽しませたり
  • 喜ばせたり

感情を引き出すことがポイントなのです。

 

例えば、女性に対する恋愛アプローチとして
有効なのが”女性として褒める”こと。

・ネイル
・ヘアースタイル
・服装

などは分かりやすいですよね。

==============
それに気づいてあげて、
そのことについて触れてあげる
==============

これだけでも、他の男とは
違った印象をあたえることができますし、
女性の感情はプラスに動きます。

 

男って基本女性と違って鈍感ですし、
気づいても、きちんと言葉にして
伝えてあげるっていうのが苦手な人は多いです。

”女性として”っていうのは重要で、
その褒め言葉が、どんな女にも使える褒め方なら
響きにくいです。

誰でも使えるような褒め言葉ではなく、
その人自身にピンポイントに響く言葉なら
ビンビンに反応します。

例えば「可愛いね」って言うよりも
「そのネイル夏っぽくておしゃれだね」

具体的に言って伝えるのがポイントです。

 

褒め言葉が有効な女性とそうでない女性

褒めるのが有効とは言え、
女性のタイプによって効果は違ってきます。

  • キャバ嬢やモテる女性
  • モテない女性

 

両者では、同じ褒め言葉を伝えても
効果は違うんですね。

 

モテる女性やキャバ嬢は
普通に口説かれ慣れているわけです。

褒められる、デートに誘われるのが
日常茶飯事と言ってもいいでしょう。

なので、普通の褒め言葉はまるで効きません。

ちょっとユニークな褒め方をするなどして、
普通の男とは別のアプローチをする必要があります。

 

逆に、

  • 普段褒められ慣れていない女性
  • あまりモテた経験がない女性
  • 男経験が少ない女性

は褒め言葉には弱いです。

「そんなことないですよ‥。」

とは謙遜しつつも、
内心かなり喜んでいるのです。

 

ドキドキさせる

さらに意識してもらいたいポイントは
ドキドキさせることです。

特に恋愛の最初のうちは
ドキドキや刺激がないと、
女性は退屈に感じてしまいます。

イメージ的に言うと、恋愛というのは
『遊園地のジェットコースター』です。

頂点に向かってカタカタ…と、
コースターが登っていくドキドキする緊張感。

そして頂点から一気に急降下して
猛スピードでカーブを曲がり、
左右に体が揺さぶられ、ふっとばされるんじゃないかと
いうスリルが心臓をバクバクさせてくれます。

  • 恐怖
  • 期待
  • スリル
  • 緊張感

そして終わった後の安心感。

これがジェットコースターに多くの人がハマる理由です。

 

高所恐怖症で乗れない人もいますが、
恋愛もこれと同じだと思ってください。

  • ワクワク
  • 緊張
  • ドキドキ
  • 安心
  • 寂しい
  • もっと楽しみたい…

これらの色とりどりの感情を味あわせ、
ギャップを感じさせないと、
相手(女性)の感情は動かせません。

 

感情が動かないと
ツマラナイ男だと思われてしまって、
デートしても音信不通になるのです。

 

それとついでに、女性と関係を持つ上で
もう一つ覚えてもらいたいことがあります。

 

結婚と恋愛は別

ちなみに
恋愛と結婚は別物です。

恋愛はドキドキを求められますが、
結婚は安心感が第一です。

安心っていうのは、

  • 生活力(=経済力)
  • 一緒にいて落ち着く
  • 価値観の一致

などです。

結婚は子供も意識するし、
生活が不安定だと結婚を維持できなくなる場合もあります。

 

恋愛も安心感はあっても良いのですが
少しずれると『ツマラナイ男』と、
容赦なくラベルを貼られます。

安定っていうのは、平坦でつまらないものだったりするので。

 

最初の男女(恋愛)関係において、
一度そういう印象を与えてしまったら
次のチャンスはないと思ってください。

ピリッとスパイスを加えて、
ギャップを出さないといけません。

やっぱり付き合っていて
「つまらない」と思われたら
その人とはそれ以上は
時間のムダだと思われますからね。

 

女性はなんだかんだで忙しいです。

 

デート後の音信不通になるのも
ツマラナイと思われたからなんです。

遊園地の乗り物で例えるなら、

コーヒーカップや観覧車よりも、
ジェットコースターやお化け屋敷の方が有効です。

 

まとめ

今回の相談で思ったことは、彼に必要なことは
『恋愛対象として意識させることが足りていない』ことです。

これって彼女ができない多くの男性が
陥ってしまっていることなんじゃないかな〜?って感じてます。

お笑い芸人がモテているから
笑わせればモテるとか勘違いしている人もいるので

そういう人は今回の講座のことを
しっかりと覚えておいて下さい。

 

「彼女を作り方を教えてください」って
簡単に聞かれるんですが、
一言で解決できるようなことではないんです。

というのも、
今回のようにその人の状況によって
アドバイスの内容が違ってくるんです。

というのも、彼女を作るってことは…

  • 出会いを作る
  • 男としての魅力を伝える
  • 会話によるコミュニケーション
  • デート
  • LINEのやりとり
  • スキンシップ
  • 雰囲気作り
  • セッ○スへの誘導

などなど…複数の要素が絡み合って
成り立っているからです。

今回の相談者に関しては相手の女性に

  • 恋愛対象を意識させる
  • ドキドキさせること

この2つがポイントでした。

 

 

ぜひ参考にしてみてください

次回は

『モテない男の6つの特徴』

についてお伝えします。

 

この「モテない男の特徴」を知っておけば、
女性に敬遠されるようなキモい男にならないよう
対策が取れます。

知らず知らずのうちに
キモいと思われてしまう行動を
とってしまっている人は
案外少なくありません。

 

  • 女友達がいない
  • 彼女がいたことがない
  • つるむのは男ばかり

そんな人は
次回お送りする非モテ男の特徴が
当てはまっていないか
チェックしてみてください。

それではまた!

ジン