モテる禁欲講座

今日のテーマ 人が好意を抱く瞬間

ジン
ジン
ジンです。

これまでお伝えしてきた通り、
女性といい関係を築くために
欠かせないことがあります。

  1. 女性心理の理解
  2. コミュ力(特に女性に対する)

女性心理については、
これまでもお話してきました。

今回はコミュ力について
お話していきます。

 

無口で何を話すでもなく、
ジロジロと見つめるだけの男性は
やっぱりキモいです。

オナ禁していようがしていまいが
女性も絡みづらいと思っています。

特に、好きな女性に接する時だけ、
エロ目になったり緊張したりする人は、
キモくなりがちなので、
その辺を自覚しておくのもポイント。

 

あ、そうそう、忘れないように
前回の宿題の答えもお伝えしますね。

 

男女を意識させる方法とは? (クイズの答えを発表)

前回、宿題クイズを出題しましたが、
覚えていますか?

答えを送っていただいた方は
ありがとうございました。

宿題:『男女関係を意識させる最も有効な方法とは?』

 

『名前で呼びかける』とか、
『褒める』などいろいろと答えを
いただきました。

ボディタッチなんかは
割とイイ線いっていますが、

実行するにはリスクもあるので
ある程度関係ができていなければ、
おすすめはしません。

 

いろんな答えがあっていいですが、
僕が用意していた答えは、

『好意を伝える』(告白する)

です。

 

告白って言葉を書いてはいますが、
ドラマとかでよくあるド直球の
「あなたが好きです」的な告白は
する必要はないです。

それはそれでイイかもしれませんが、
振られたときのショックってデカイですよね…(苦笑)

好意を伝えるって言っても、
頭を柔らかくして考えればOKです。

 

あくまで、

『自分がそう思ってるってこと』

を伝えるのです。

 

マイルド告白といった所でしょうか。

イメージしづらいと思うので、
具体的な言葉を紹介します。

例えば、こんな言葉を投げかけます。

 

「●●ちゃん、彼氏いそうだよね?」
「●●ちゃんてモテるでしょ?」

といったフレーズです。

こう言うことで、
相手の女性はどう感じるでしょうか?

 

これ、自分自身が女性から言われたと思って考えてみて下さい。

↓ ↓ ↓

「●●くんって、モテるでしょ?」

 

「●●くんって彼女いるでしょ?」
「●●さんってぶっちゃけモテますよね?」

どう思いますか?

たとえ、自分がモテていなくても、

(もしかして俺ってモテるのかな?)
(ひょっとして俺に気がある?)

と思わず考えてしまい、
照れませんか?

僕だったら思わず照れ隠しを隠せず、
ニヤニヤしているかもしれません(笑)

 

これは女性も同じで、

(もしかしてこの人、アタシに気があるのかな?)

と思わせることができるんです。

だからといって、あなたのことを
すぐに惚れるわけではありません。

 

以前もお伝えしましたが、
男女の惚れ方には違いがあります。

【女はボリューム、男はスイッチ】でしたね。
※詳しくは女性をコントロールする方法を参考に

 

人が好意を抱く瞬間

人間心理の1つで、
『多くの人が相手に好意を抱く瞬間』
というものがあります。

これは、内藤誼人さんという
心理学者の方が書いた本
「モテる心理戦術」にかかれてありました。

ちなみに内藤さんが出している本は

  • 人は暗示で9割動く!
  • 思いのままに人を操るブラック心理術

など、キャッチーなタイトルの
身近なコミュニケーションテクに絡めた
本が多いですね。

あなたも目にしたことがあるかもしれません

 

結構な数の本を出版されていますが
先ほどの本の中で

「人が好意を抱く瞬間」についての
アンケート結果が掲載されていました。

アンケートの結果は…


  1.  相手から好意が表明された時・・・90%
    ( 相手から告白された、好意を伝えられたなど)
  2. 相手が望ましい特徴を持っていた時 ・・・78%
    ( 顔や、性格等 が理想のタイプだったなど )
  3. 生理的に喚起された時・・・62%
    ( 興奮する状況にいた、など)
  4. 恋愛する準備ができていた時・・・44%
    (落ち込んだり、失恋したばかりのときに出会った、など)
  5.  状況的な手がかりがあった時・・・36%
    (相手の声、視線、姿などに強い魅力を感じる状況があった、

つまり、

『告白すれば、告白された相手も
少なからずそういった感情を抱いてしまう』

ということなんですね。

ちなみにこのことを、
『返報性の原理』とか
『好意の返報性』って言われてて、
ビジネスシーンでもよく使われます。

 

試食してもらって買ってもらう

なんてのはそうですね。

 

もちろん、
全員が商品を買ってもらえるわけではないのですが、
一定の確率で購入に結びついてくれるわけです。

美味しくなければ買ってくれませんので、
良い商品であるというのは、大前提です。

 

今回の恋愛に応用した好意の返報性は

さすがに誰にでもっていうわけではなく、
不潔な人なんかの生理的に無理な人は
さすがにアウトですからね。

※あくまでフラットな状態で、
そこは常識の範囲内で…

 

告白って言うと、
急にハードルが高くなりますが、
先ほど具体的に言ったように、

「○○ちゃんってモテそうだよね?」

といった、
”それとなく”自分の好意を伝えること
ならできると思いませんか?

こういったフレーズは
自然に会話の中で入れるのは
簡単ですよね?

 

大して勇気もいらないし、
ちょっとした褒め言葉の感覚で
サラッと言えば良いんです。

ハードルもそう高くはないので、
ぜひ試してみてもらいたいです。

明らかに反応が違ってきますから。

 

マイルド告白、試しにやってみて下さい。

まとめ

ちなみに…
僕は男女関係に発展させるための
会話ノウハウをいろいろと持っているのですが、
今回ご紹介したのはほんの一例です。

今までお伝えしてきたお話のように、

男女の恋愛や会話には
“正しいやり方”があり、
それを知ってさえすれば、
問題なくクリアできるということです。

 

人が好意を抱くメカニズムも
心理学ではほぼ解明されていて
適切な方法があります。

以前お願いしたアンケートでも
理解できたのですが、

  • いくらアプローチしても振られてしまう
  • LINE交換したのに既読無視されてしまう
  • 女性が振り向いてくれない…

そんな恋愛で悩んでいる人は
実際に多いと感じています。

 

あと、ちなみになんですけど…
前回もお伝えしましたが、
『お友達になっちゃダメ』です。

 

男友達として仲良くなればなるほど
恋愛対象として見られず、
彼氏候補から外れてしまします。

男友達って基本的に
”オス”として見られていないんですよ。

 

逆にそういう戦略もありと言えば
ありなんですけど、
ドキドキさせたり、からかったり、
感情を動かすことが重要です。

 

おそらく多くのモテない男性は…

オトモダチにさえなっていれば、
ただ男してはチャンスがあると
思っているかもしれませんけど、
実際はそうじゃないですからね。

友達以上恋人未満とかも
男としてナシです。
(微妙に遊ばれてる感じかも?)

 

まぁもうちょいな所ではあるんですけど、
基本的にあとひと押しができない人が
ここでとどまっています。

この『友達以上恋人未満』の関係も
ダラダラと長い期間ほうっておくと、

「コイツは男としてナシ!」

と烙印を押され、
言い寄ってきた他の男に
カスメ取られます。

まぁ大体3回までのデートで
何のアクションも起こさなければ、
そう思われても仕方がないです。

 

そもそもデートっていうのは、
より関係を深めるためのものですから、

いつまで経っても同じような
ダラダラとヌルい関係をキープしていては
相手にも”その気がない男”と判断されます。

特に女性はタイムリミット(妊娠時期)があるので、
結婚願望が強い女性や、子供がほしいと強く思う女性ほど
そうそうと見切りをつけるんです。
※20代後半〜30代女性は特に焦っている傾向が強いです

 

もしくは、いつまで経っても
なんのアクションも起こしてこないような
男は【ヘタレ】と判断されるんですよ。

僕もなかなか勇気がでなくて
モジモジしていた時って
何度もそういった経験あるんですが、

そういうダラダラしていると

最近、彼氏できたから
もう遊べない。ゴメンね!

と、あなたに面と向かって
ゲームオーバー宣言されます。

 

だから、

今回お伝えしたように、
『男として意識させる』ことが
めちゃくちゃ重要です。

できるだけ早く。

※男としても手っ取り早く
エッチしたいってのもあるでしょうし(笑)

 

OKでしょうか?

そして、この
「男を意識させる」ステップがないと、
あなたと女性の関係はいつまでたっても
生ぬるい関係のままなんですし、
いずれはあなたの元から去っていきます。

肝に銘じておいてください。

 

次回予告

次回は

以前リサーチさせていただいた
アンケートの結果について
お知らせします。。

>アンケートについてはこちら
現在も受け付けていますので
ぜひあなたの悩みや希望を教えて下さい

【恋愛の悩みアンケート】と書いて
・悩んでいること
・どうなりたいか?

を書いて送ってください。

 

それではまた

ジン

お問い合わせはこちら



いつもお読みいただきありがとうございます。
質問・感想・ご要望・その他メッセージがありましたら、遠慮なくお送りください
*お名前
*メールアドレス
*内容(感想、要望、お問い合わせ等)
返信にお時間を頂く場合があります。ご了承下さい